青色申告

青色申告とは

青色申告とは収入があった方が確定申告をする時の方法の一つで、一般の事業主が行っている確定申告のやり方です。

 

納税は国民の三大義務の一つで、国民はすべて税金を納めなければなりません。

 

確定申告は毎年2月から3月の期間、自分自身で自分の収入を計算して経費を引く事で税金が算出され、その税金を申告する制度です。

 

個人事業主はもちろん、サラリーマンでも給与以外の所得があった人は必ず確定申告をしなくてはなりません。

 

確定申告には白色申告と青色申告の2つの方法があり、その方法によって税金の控除額が違います。

 

簡単に言うと、簡便な方法で所得を計算して申告をするのが白色申告で、ちゃんと帳簿をつけて申告するのが青色申告になります。

 

申告するのはどちらの方法でもいいのですが、白色の方は税金の控除がなく、青色申告の方は控除が最大65万円あり、得になります。

 

白色申告は収入の少ない方に向いている方法で、収入が300万円までの方は帳簿をつける義務がなく、経理の経験が全くない方や途中から事業を始めた方、経費の総額がごく少ない方に適しています。

 

経費を算出するための帳簿は、簡単な家計簿程度の帳簿でも認められるのですが、その反面税金の控除がありません。

 

収入が多く300万以上の所得がある人は帳簿をつけて経費を出す記帳義務がありますので、それらの方は青色申告をした方が税金面での控除があり、大きな節税効果を生みますので得となります。

 

青色申告をして最大65万円の控除を受けるためには、正規の簿記の記載方法に従って簿記をつけている事と貸借対照表と損益計算書を確定申告書と一緒に提出する事です。

 

帳簿の付け方は、単式と複式があり、単式簿記の場合お金の出し入れだけを記載する方法で家計簿と同じですが、複式の場合、取引があった時の原因と結果を記入します。

 

左の方に資産の合計を書き、右側には負債と純資産の合計を記入するやり方で、貸し方借り方をちゃんと記載します。

 

このような帳簿をつける事で最大65万円の控除が認められる場合もあるのです。また、青色申告をしていれば、赤字になった場合3年間繰り越す事が認められていますので、去年赤字だった方は今年の収入から去年の赤字分を差し引く事が出来ます。

 

そして貸倒引当金という払ってもらえなかった金額を計上する事が出来たり、減価償却費を300万円まで一度に処理するといった事が出来、青色申告のメリットは大きいものとなっています。