確定申告

確定申告ってなに?

1月1日から12月31日の1年間の間で出た利益とそれにかかった経費を差し引き、所得を確定させて、2月から3月に税務署に提出し、その年の所得税を確定させる事を確定申告といいます。

 

確定申告は二つの仕組みがあり、税金を納めるのを申告納税といい、所得控除、税額控除などいろんな控除を入れて所得税を再計算し、納め過ぎた税金を返してもらう還付申告があります。

 

確定申告は所得のあった人すべてがしなくてはいけないのですが、給与所得の場合、その税金は給与を計算する時に前もって引かれていて、それを年末に調整するという方法を取っていますので、原則的にはサラリーマンは確定申告が必要ではありません。

 

しかし、給与以外の株式配当所得があった人や給料が2000万円を超える人や、他に収入があった人などはその限りではありません。

 

他にもアパート経営や月極駐車場を経営している人は不動産所得を得ているという事で確定申告が必要です。

 

農業や漁業をやっている人やお店をやっている人は申告が必要で、医師や弁護士、作家の人たちも同じです。

 

それ以外にも、所得があった人はある条件の下で申告しなければなりません。

 

確定申告をすれば、税金が確定され納税しなくてはいけませんが戻ってくるお金もあり、退職した人や病院にかかった人、台風や地震などの災害に遭った人に加え火事やシロアリの被害で家をなくした人も、家を買って住宅ローンを組んだ人たちも税金を控除されます。

 

しかし、この確定申告を忘れてしなかった人にはペナルティーがあり、加算税や延滞税など、率の高い税金が加算されますので注意して下さい。

 

また意図的に所得を隠して確定申告をし、治めるべき税を納めない場合脱税という重い罪になり、悪質な場合刑務所に行く場合もあります。

 

個人事業主やフリーランスの確定申告には白色と青色の2種類あって、どちらかを選ぶ事が出来ます。

 

申告をする時、経費が大まかな計算でいい白色申告と、細かな計算をしなくてはならないけど、税金の控除額が大きくなる青色申告があります。

 

事業をしている場合でも、個人で仕事をしていても経理などの経験が全くない人やフリーランスで収入が少ない人たちは白色申告が適しています。

 

同じフリーランスでも収入の多い人が白色申告をした場合、様々な控除の特典を得られないため、住民税や国民保険税などの金額が増え、大きな負担になってきますので青色申告をして税金を算出した方が有利になる場合があります。