確定申告 代行 税理士

良い税理士の選び方

税理士を選ぶ事は重要な事で、良い税理士というのは能力が優秀なことも大切ですが、それよりも大切だとされているのは相性のいい税理士を選ぶ事にあり、いい税理士と出会えれば、会社の方向性を親身に相談でき、会社を伸ばしていく良きパートナーとして活躍してくれます。

 

税理士とは国家資格者で、税金の専門家として会社の税務の相談、指導を行う人です。

 

会社を設立した場合、会社は法人という立場に立つ事になり、法律で人と同じ権利能力を持つ存在になります。

 

株式会社には、色んな特典があり経費の範囲が広がり税金を納める場合会社にとって有利になっていくのですが、その反面正しく税金を納める義務が生じてきます。

 

会社が活動を行っていく上で、経費として認められるものすべてを正確に記帳して税務署に申告しなくてはならなくなりますので、税金の申告は大変で大切な会社としての仕事であり、その為に必要とされるのが税理士なのです。

 

経営者は税理士を自分で選ぶ事が出来ますので、色んな方法で会社のために働いてくれそうな人を探します。

 

一番多いのが、友人から紹介をしてもらう場合で、友人を介して会社も税理士も身元がわかり、信用しやすいという利点があります。しかし、その友人と税理士は相性が合っていても、自分と相性がいいとは限りません。

 

この場合、素直に相談できなかったり、自分の会社方針を理解してくれないなどのすれ違いが合った場合友人から紹介という事で義理が先に立ち、その税理士との契約を打ち切りにくくなってしまう場合があります。

 

このような事にならないために、事前に面談をして一番大切な相性を確認した方がベストです。

 

このように、いい税理士選びのポイントの第一は相性がいいという事なのです。

 

どんなに優秀で経歴が凄い人でも、威張っていたりこちらの話しを信用してくれなかったりする人も中にはいますので、まず面談をする事が重要です。

 

いい税理士は、説明が上手で、税金用語や法律用語など難解でわかりにくい事も多いのですが、経営者に分かり易く説明してくれます。

 

またフットワークの良さも大切で、会社で緊急の問題が持ち上がり税理士に連絡を取った時、すぐ行動に移してくれる税理士は優秀な税理士といえます。

 

会社経営者にとって、いい税理士に出会うと会社の事業の方向性も相談できますし、経費の使い方を指導してもらう事で、会社の無駄や間違っている方向性をただしてくれたりもします。

 

いい税理士とは、専門知識がしっかりしていて、なおかつ信頼関係が築ける人という事になります。